• HOME > 住宅瑕疵担保責任保険業務
  • 構造計算適合判定

信頼と安心のもとに住宅を供給できるよう、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が施行され新築住宅を引き渡す場合、保険加入又は供託のいずれかの対応が必要となりました。

  • 住宅瑕疵担保責任保険・住宅瑕疵担保責任任意保険
  • 住宅リフォーム瑕疵担保背金保険
  • 構造計算適合性判定の円滑な運用について

住宅瑕疵担保背金保険・k住宅瑕疵担保責任任意保険

住宅瑕疵担保履行法に基づく住宅瑕疵担保責任保険の対象となる住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、保険付保住宅が基本構造部分の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合、被保険者である住宅事業者が住宅取得者に対し瑕疵担保責任を負担することによって被る損害について、保険金をお支払いいたします。

業務区域
愛媛県全域
対象建築物
工法、建て方を問わず新築住宅を対象(一部増築を含む)
保険のしくみ

保険のしくみ

保険のしくみ

保険の対象となる基本構造部分

品確法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

木造(在来軸組工法)の戸建住宅

鉄筋コンクリート造(壁式工法)の協共同住宅

取扱い保険法人
  • まもりすまい保険(住宅保証機構株式会社)
  • あんしん住宅瑕疵保険
  • JIO わが家の保険
  • ハウスプラスすまい保険
  • ハウスジーメン
  • ハウスプラスすまい保険

TOPへ

住宅リフォーム瑕疵担保責任保険

住宅リフォーム工事の請負人であるリフォーム事業者様が、リフォーム工事部分の瑕疵について瑕疵担保責任を履行した場合に、その損害をてん補するものです。
なお、リフォーム事業者様が倒産等により瑕疵担保責任を履行できない場合には、リフォーム発注者様に対して直接保険金をお支払いいたします。

保険申込手続き

保険申込手続きのイメージ

保険申込手続きのイメージ

TOPへ

その他の保険業務

完成保証制度
着工から完成までの安心

業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、住宅保証機構が工事の中断や引継に伴い発生する増嵩工事費用や前払金の損失の一定の限度額の範囲内で保証金をお支払いします。
また、発注者の希望により代替履行業者(工事を引き継ぐ業者)をあっせんします。

既存住宅保証
制度
売買される既存住宅に安心をプラス

既存住宅(いわゆる中古住宅)を売ったり買ったりする際にご利用いただける最長5年間の保証制度です。万が一、雨漏れや住宅の傾きなどが起きてしまって も、補修費用の大部分をカバーできる保証金をお支払いいたします。

地盤保証制度
地盤保証を保険でサポート

登録地盤会社の皆様がまもりすまい保険届出事業者の皆様に対して行う「地盤保証」保険でサポートするしくみです。住宅保証機構が、引受保険会社と保険契約(地盤にかかる生産物賠償責任保険)を結び、地盤調査または地盤補償工事の瑕疵により、住宅が不同沈下した場合、登録地盤会社に補修費用の一定割合を保険金としてお支払いいたします。

詳しくは住宅保証機構へ

TOPへ

  • 支店一覧

    • 愛媛建築住宅センター 松山本社

      〒790-0066

      松山市宮田町186番地4

      TEL:089-931-3336

      建築部直通:089-907-2337

      構造審査部直通:089-907-5338

      FAX:089-931-3362

    • 愛媛建築住宅センター 東予支店

      〒793-0030

      西条市大町1412番地2

      TEL:0897-52-0411

      FAX:0897-53-9341

    • 愛媛建築住宅センター 南予支店

      〒795-0064

      大洲市東大洲459番地3

      TEL:0893-23-4400

      FAX:0893-23-4410